チラシ印刷する時の印刷方法と用紙について

印刷機

チラシというものの現在

チラシ印刷に使われる紙の種類や特徴、どのような用途に使用されるか、またフライヤー印刷との比較などを検証。今も販売店などが、ネット広告よりもフライヤー印刷を使うなど、紙媒体は今も必要とされている現状を紹介しています。
印刷機

リーズナブルです

用紙のサイズや部数などにより異なりますが、チラシ印刷はネット上の業者に頼むと安い傾向にあります。自社でチラシデザインを作成できるスキルがあればぜひ利用してみましょう。納期を眺めにすればさらにお得になります。
写真

これから宣伝をしたい

チラシ印刷をする場合には、さまざまな業者がありますがそれぞれの業者には得意分野が存在しています。お金に関しては、契約する前の段階で見積もりを行います。そのため、途中で予算をオーバーするようなことはまずありません。
インク

依頼するメリット

チラシ印刷は印刷会社依頼すると便利です。印刷会社に依頼すると綺麗なチラシ印刷が可能となります。チラシ印刷を依頼する際には、印刷会社の対応時間やデータ入稿で使用できるデータ形式などを知る必要もあります。
印刷機

優先順位をつける

早く安く高品質なチラシ印刷物を作る鉄則として、優先順位を誤らないことが肝心です。そのためには、チラシ印刷物を作る目的をしっかり把握することがポイントです。そしてその内容に応じたスケジュールを組んで、印刷業者に発注をかけましょう。

印刷法の選択

広告

用紙の選択

印刷方法にはそれぞれに特徴あります。綺麗に印刷するにはオフセット印刷が良いです。輪転機は大量の印刷を高速に行えますが、連続して高速に印刷を行うためにズレが起きてしまうこともあります。どうしてもズレを避けたいデザインの場合はオフセット印刷が良いです。高速に印刷するのを重視する場合は輪転機印刷を選ぶと効果的です。チラシ印刷の出来を左右するのが用紙です。用紙にはコート紙とマットコート紙などがあります。コート紙はコート剤を塗布していますので、滑らかでツヤがあります。写真など色が多い表現に適しています。コート紙は一般的な商業印刷で最も多く用いられていて、チラシ印刷で使用される頻度はとても高いです。マットコート紙はコート紙と比較して、光沢が抑えられています。このため落ち着いた雰囲気を与えるチラシ印刷ができます。マットコート紙はしっとりとした質感があります。発色もコート紙同様に良いので、上品な印象を持たせたい時にマットコート紙は選ぶと良いです。高級感がある商品を紹介する時にもマットコート紙は使用されます。チラシ印刷をする時には印刷法の選択や用紙の選択が大切になります。印刷法にも様々な特徴があります。時と場合に応じて適切な印刷法と用紙の選択をすることが、納得のいくチラシ印刷に繋がります。広告の手段であるチラシ印刷は様々な活用をすることができます。新聞の折り込みチラシやポスティング用のチラシを作成する時に、便利なチラシ印刷は大活躍します。

Copyright© 2019 チラシ印刷する時の印刷方法と用紙について All Rights Reserved.