チラシ印刷する時の印刷方法と用紙について

チラシというものの現在

印刷機

チラシの種類と特徴、メリット

まずは、チラシとは何でしょうか。広告宣伝や販促活動を目的に印刷された、一枚刷りの印刷物のことをそう呼びます。そしてそれらは、チラシ印刷によって出来上がります。では種類はどのようなものがあるのでしょうか。まずは、使われる紙の種類があります。普通紙、光沢紙、マット紙です。一般紙は、ノートやコピー用紙に使用されている、ごく普通の紙のことで、鉛筆で書くことも可能なものです。特徴としては、文字数がたくさんあるチラシに最適なもので、アンケートなど、書き込みをする用途があるものに適しています。光沢紙は、特殊な薬品を塗って作られた、つるっとした感触のある紙です。色鮮やかに印刷することが出来るため、写真や色を多く使ったチラシ印刷に向いています。ポスターや折り込みチラシに良く使われています。マット紙は、つやが出ないように施されたつや消しの、さらっとした感触のある紙になります。ちらつき、光の反射が少ないため文字が読みやすいという特徴があります。会社案内・名刺に良く使われています。用途としてのチラシは、不特定多数をターゲットにした広告媒体になるため、新聞の折り込みやポスティングに適しています。他にフライヤーと呼ばれる、チラシよりも厚さがあり、A6サイズやポストカードのような小さめの印刷物があります。こちらは、お店や美容室などに置かれます。チラシ印刷とあまり変わらないものになるようですが、このフライヤー印刷のメリットは、伝えたい情報を文章はもちろんのこと、絵柄などをカラーで印刷出来ることで、お客様に伝わりやすいからということになるようです。ネット経由が主流な今現在でも、販売店などはこのフライヤー印刷を使っているようです。フライヤー印刷もそうですが、今も紙媒体であるチラシ印刷で作られたものが、分かりやすく、しっかりと人々に伝わるということが、チラシ印刷の大きなメリットと言えるでしょう。

Copyright© 2019 チラシ印刷する時の印刷方法と用紙について All Rights Reserved.